新盆のあれこれ

新盆(にいぼん、あらぼん、しんぼん)についての、しきたり、準備、当日のことなどについて情報をまとめています。

 

遺品整理もバイセル!

 

遺品を買い取りサービス実施中のバイセルのwebサイトトップページのサムネイル
大切な故人の遺品の出張買取ならバイセル

 

施主の挨拶・法要の案内状


新盆まつわる挨拶はどんなものがあるのでしょうか。

1.法要開始の挨拶
2.お坊さんへの挨拶
3.お参りしてくださった方への挨拶


それに手紙は
1.法要の案内状
2.返礼品に添える挨拶状 など。
こうして書き出してみると結構ありますね。

特に口頭で挨拶をするのが苦手な人へ、法要の挨拶で何を言ったらいいかわからない人へ
コツを紹介したいと思います。

また、法要の案内状や返礼品に添える挨拶状などの例文も紹介していきたいと思います。

ここでは施主として、参列者やお坊さんに向けた挨拶や案内にまつわることを紹介したいと思います。
 

挨拶は最初からうまく言おうとしない


普段言い慣れない、使わない言葉を人前でしゃべるとなると、得意な人はそうはいません。
例え親類の前であっても緊張します。 

大丈夫です。最初からうまく言おうとしないことが大切です。

挨拶の雛形は、あっさりとマナー本等から、その流れを教えてもらいましょう。
それをなぞっているうちに故人のことがいろいろと思い出されてくるものです。

そうしたら、その流れにご自身独自の言葉を当てはめてみましょう。

参考までに、Amazonで評価の高かった法要の際のマナー本を紹介しておきます。
新盆・初盆の専用ではありませんが、挨拶する側の基本的なスタンスは変わりませんのできっと参考になると思います。


初めて喪主になる人のための親を心から見送る葬儀ガイド
Amazonで販売中の書籍「親を心から見送る葬儀ガイド」の紹介ページのサムネイル




 

案内状はテンプレートをどんどん活用する


新盆法要は親類だけで執り行う家庭も多く、直接、電話連絡でも構いません。
(むしろ、その方が丁寧なご案内かもしれません。)

しかし、親類以外も案内する場合、案内状を出して出欠の確認を取る方が確実かも知れません。

案内状はサンプルがたくさん出ています。
活用しない方はありませんね。
 

返礼品に添える挨拶状はオリジナルもよい


新盆の法要の際は参列者より香典や提灯代をいただきます。
法要の後は会食などでもてなし、引き出物をお渡しします。
その引き出物にはお礼状を添えるのが一般的です。

また、新盆法要に参列できない遠方に住んでいる方などから、香典代や提灯代が郵送で送られてくることもあります。
その際の返礼品にもお礼状を添えます。

その、お礼状。
もちろん、既存の定型文でも失礼にあたりません。
しかし、オリジナルの文も、相手により気持ちが伝わります。

以前、わたしが参列した葬儀の会葬返礼品に添えられたお礼状には、(新盆法要のお礼状ではありませんが…)
ご家族の完全なオリジナルの文章で、故人が生前に取り組んでいたこと、好きだっことなどが書かれていました。
生前の故人の姿や笑顔が目に浮かんできて、家に帰りついてからも故人を偲びました。
(今でもそのお礼状は大切に保管しています。)



 

新盆のお坊さん、どうする?


全国対応「お坊さん便」

 

 

 

2019年喪中はがきの印刷受付は
9月上旬から始まります。
その時期になったら、以下アクセスしてみてください!

喪中はがきの印刷、2019年の最安はどこ?