新盆のあれこれ

新盆(にいぼん、あらぼん、しんぼん)についての、しきたり、準備、当日のことなどについて情報をまとめています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【遺品を売る】

◎大切な故人の遺品も満足買取を目指します!
◎最短30分でご訪問!
◎出張料は無料!
◎宅配査定の送料は弊社負担だから安心!
◎キャンセル料は発生しません!

大切な故人の遺品売るなら木村佳乃さんのTVCMでおなじみのバイセルへ!━━━

 

 

2022年喪中はがきの印刷受付は
8月下旬~9月上旬から始まります。
その時期になったら、以下アクセスしてみてください!

喪中はがき印刷、安い?

 

 

 

喪中はがきの準備、そろそろですね。

1枚ごとに注文できます】
【宛名印刷が無料
【最速、当日出荷

 

新盆(初盆) 準備


新盆の準備はまず、スケジュールを組むことから始めるといいでしょう。

故人が亡くなって、初めて帰ってくるお盆であり、
早目に準備することで、手厚くお迎えすることにもつながります。

例えば、わたしが住む九州地方ではお盆は旧暦の8月に行います。
新盆の準備は7月の中旬から徐々に始めました。
葬儀や四十九日法要より大掛かりではありませんが、細かい準備が必要ですし、
しきたりやマナーも頭に入れておかなければいけません。

このサイトをご覧になっている皆さんの住んでいる地域は様々で、新盆の執り行い方も違ってくると思いますが、一般的な新盆の準備を知ることで、その土地の風習に汎用することができます。
ぜひ、参考にしてください。
 

新盆の対応は地域や宗派によっていろいろです


ちょっとびっくりしましたが、お盆の行事を全く行わない地域もあります。(群馬県前橋市の一部の町)
毎年お盆はするが、特に新盆は行わない地域も。
また、念仏踊りをしながら、新盆の各家を回るような地域もあったり、本当にいろいろです。

浄土真宗は迎え火で霊をお迎えするという習慣はありません。浄土真宗の考え方は故人の霊は年に1回お盆の時だけにわたしたちの元に帰ってくるという考え方をせず、いつでも帰ってくるとされているからです。



新盆のスケジュールを立てる

2018年05月20日 22時18分

数年前、わたしが執り行った新盆をもとにしたスケジュールを紹介します。 わたしが住んでいるところは九州で、8月にお盆を行うところが殆どです。 新盆の行い方は極一般的でした。 ぜひ、参考にし…

新盆 精霊棚とお供え物

2018年05月20日 21時09分

精霊棚(盆棚とも言います。)とは家に帰ってくる故人の霊を迎える為のものです。 仏壇の前に小さい机や台を置いて、真菰という植物から作った敷物や簀の子を敷いて簡易の精霊棚とすることが多いようです。 …

新盆の施主の挨拶の作り方、話し方

2018年05月26日 23時32分

新盆の法要は親族だけで執り行う家庭も多いのですが、 お坊さんや参列していただいた方にきちんとご挨拶をしなければなりません。 ここでは、新盆法要の際、施主として、どのタイミングで、何を言えば…

新盆 法要の御布施のことを知りたい

2018年05月18日 22時03分

新盆法要で、お坊さんに読経をしてもらったら、御布施をお渡しします。 新盆法要の御布施は決まった金額はありません。 わたしたちは事前にお寺さんに御布施の金額を聞いてみたのですが、 はっきりとし…

 

 

 

遺品整理もバイセル!

 

遺品を買い取りサービス実施中のバイセルのwebサイトトップページのサムネイル
大切な故人の遺品の出張買取ならバイセル